クラフトジン9148「3892」に春のボタニカルで使用したふきのとうを使った、紅櫻蒸溜所初のコンパウンドジンのレシピ「0210」を7月1日に発売します。

 

レシピ「3892」の開発時に立ち会った紅櫻蒸溜所倶楽部の会員様より、ふきのとうのみを浸漬したものの製品化を希望する声を多くいただきましたので、限定300本で少量生産いたしました。
香り付けにはジュニパーベリーとふきのとうのみをふんだんに使用し、蒸溜をしておりませんで「3892」よりもさらにふきのとうの香りが強く、しっかりとした苦みも感じます。ふきのとうの香りのインパクトを引き出すためにアルコール度数は60%と強めの仕上がりとなっております。

紅櫻公園の十割蕎麦『狸庵』ではそば湯で割ってお楽しみいただけます。まるでふきのとうの天ぷらを食べているかのような満足感を感じる一番お勧めの飲み方です。

レシピナンバー0210 ふきのとうに使用しているボタニカルは、以下の通りです。
☆ふきのとう、ジュニパーベリー               ☆は北海道原料

【商品名クラフトジン9148 0210】
発売日 7月1日  品目スピリッツ アルコール60% 内容量700ml 価格5500円(税別)

 
Translate »