紅櫻蒸溜所とは

紅櫻蒸溜所は2018年4月26日に誕生した北海道初のジンの蒸溜所です

札幌市南区の紅櫻公園内に立地し、春のGWには桜、10月には紅葉の名所として知られ、四季折々の花が見どころです。
紅櫻蒸溜所が製造する「9148」シリーズは、イタリア、バリソン社(Barison)製の400L蒸留器で蒸溜され、札幌市南区の伏流水を割水に使用して1回約550本を製造しています。

我々はクラフトジンメーカーとして、紅櫻公園内のさまざまなボタニカル(植物)を使用した地域の香りのするジンを小ロットで多種の商品展開をしていきます。

ラベルもオーウェルの1984をオマージュした9148のコンセプトに基づき、札幌在住の現代アーティストの端聡氏のデザインとなっています。
また、表ラベルには、右下部に蒸溜日の刻印と中心下部にレシピ番号の刻印があります。
レシピの違いだけでなく、季節による香りの違いもお楽しみいただければと思います。

北海道自由ウヰスキー株式会社

北海道 日本を代表するクラフトジンへ
9148について

9148(Ninety-one Fourty-eight)

9148とは、ジョージ・オーウェルの小説”1984” の[Nineteen eighty-four]を[19][84]をそれぞれ逆にして名付けました。小説では自由のない管理社会が書かれ、SF原点作品として世界で広く読まれています。

 

歴史を改ざんする役所で働く主人公のウインストン・スミスが、とても薬臭く吐き気を催すような香りのビクトリージンというジンを飲むシーンが描かれている。「不味いジン」が「不自由な管理社会のアイコン」となっており、ビクトリージンを飲みながら、ビッグ・ブラザーにより統治される以前の「自由な時代のおいしいジン」を懐かしむシーンがある。

ラベルについて

9148のラベルには、4桁の数字が2箇所刻印されています。これは、左は蒸留日右はレシピ番号を表しております。クラフトジンならではの季節による香りの違いや小ロット生産によるレシピの違いなどのバリエーションを楽しんでいただければ幸いです。

BENIZAKURA DISTILLERY CLUB

紅櫻蒸溜所倶楽部

2018年4月に誕生した蒸溜所を応援頂いてる皆様とこれからの未来を共有するためのVIPメンバースクラブ。定員になりましたら欠員が出るまで入会できません。

お知らせ

紅櫻蒸溜所からの情報をおとどけします

10月の蒸溜所解説見学スケジュールと休館日

10月の蒸溜所解説見学スケジュールと休館日

蒸溜所長による解説見学会の10月のスケジュールは下記のとおりです。 各回定員10名、所要時間は質疑応答も含めて30分~1時間程度となっております。 ご希望の方は、前日の営業終了までにお問い合わせフォームよりご予約ください。 なお、ご連絡いただきましてもすぐのご返答ができない場合もございますのでご了承お願いいたします。  ...

read more
9148#4201を限定60本を発売

9148#4201を限定60本を発売

9148シリーズの#4201を9月16日(祝)開催の紅櫻アート&リカーフェスティバルより紅櫻蒸溜所直売所限定で販売開始します。...

read more
【9月13日更新】紅櫻公園アート&リカーフェスティバル2019開催

【9月13日更新】紅櫻公園アート&リカーフェスティバル2019開催

紅櫻公園アート&リカーフェスティバル2019を9月16日(月・祝)に開催します。 紅櫻公園芸術祭(アートアニュアル2019)がこの夏開催されます。 そのアートと紅櫻蒸溜所と各種お酒のコラボレーションの企画を準備中です。   日時:2019年9月16日(月・祝) 11:00~15:30(会場10:30 ラストオーダー15:00)...

read more
10月の蒸溜所解説見学スケジュールと休館日

9月の蒸溜所解説見学スケジュールと休館日

蒸溜所長による解説見学会の9月のスケジュールは下記のとおりです。 各回定員10名、所要時間は質疑応答も含めて30分~1時間程度となっております。 ご希望の方は、前日までにお電話かお問い合わせフォームより予約ください。   9月1日(日)1回目:11:00~ 2回目:15:00~ 9月29日(日)1回目:11:00~ 2回目:15:00~...

read more
 
Translate »